公認会計士 就職

公認会計士と税理士の違いが知りたい!という人の為に有益な情報を用意しました

    

公認会計士は、税理士とよく混同されますよね。目指す方向を決めるときに、公認会計士と税理士のどちらを選べばよいのか悩んでいるという人も少なくないと思います。どちらも、主に企業のお金を扱うという面では同じような職種ではありますが、仕事内容や、資格試験の難易度、就職後の未来、年収などが異なってきます。

自分の目指す道をどちらにした方が良いのか参考になるように、両者の違いを紹介していきたいと思います。

■公認会計士と税理士はどっちの方がなるのが難しいの?
公認会計士は、三大難関国家資格といわれていて、資格取得がとても難しい職業です。国家試験に合格するためには、膨大な量の知識を付けなければなりませんし、知識だけでなく計算量や情報処理能力なども必要です。難易度だけで言えば、税理士の方が簡単だという人もいるでしょう。

でも、人によって、どの分野のどんな試験が難しく感じるかには個人差があります。税理士の試験も知識量では公認会計士に負けないくらいの量が必要になりますから、税理士の試験の方が難しいと感じる人もいるというわけです。大事なのはどちらの勉強の方が自分に向いているかを見極めるということになります。

■将来は独立するべき?
税理士の年収は、会社に就職する形では500万円前後が平均です。一方公認会計士は監査法人に勤めて、10年以内で大企業の給料と同じくらい稼ぐことができます。1000万円くらいが平均なので、かなりの高収入といえますよね。税理士の給料は安いですが、独立して自身の会社を立ち上げ、安定した仕事を軌道に乗せることができれば、平均年収よりもたくさん稼ぐことができますが、それでも公認会計士にはなかなか敵いません。

独立しなくても高収入が稼げるというのは、公認会計士の大きな魅力といえます。

公認会計士と税理士の違いが知りたい!という人の為に有益な情報を用意しました

■税理士と公認会計士どちらを選ぶかは自分次第
世の中の職業にはすべて向き不向きがあります。自分に向いている方を選んでくださいね。

◆公認会計士を若いうちから知りましょう
たくさんの職業がある中で、どの仕事につけばよいのか、若いうちから、しっかりと考えている人は、意外に多いんですよね。ゆとり世代が終わり、最近の若者は、自分の将来について早い段階で考えることが増えているようです。また、親世代が、子供の未来について、いろいろな可能性や選択肢を用意して、準備してあげるという熱心な人が増えているという現状もあります。

今は色々なツールを使って小中学生のうちから幅広い分野の知識を付けることができるので、とても便利な世の中ですよね。公認会計士の仕事も、小中学生のうちから、会計セミナーなどで学ぶことができます。

■会計について早くから学びましょう
会計というのは数ある職種の中でもとても地味なイメージがありますが、日本経済の土台を守るとても大切な役割を担っています。若いうちから会計というものを学ぶことは、会計士を目指すにしろ、目指さないにしろ、日本の経済がどのようにして成り立っているのかを知ることができて、のちの選択肢を広げてくれるでしょう。

参照★公認会計士 税理士 https://cpa-net.jp/

すべての職業にはお金の動きがあるわけですから、本来はすべての国民が会計についてある程度の知識を付けていくべきなのです。公認会計士を育てようとするスクールでは、小中学生向けの短期セミナーなどを開いているところもあります。将来のことを考えるときに、一つの選択肢として学んでみてはいかがでしょうか。

■自分に向いている職業探し
たくさんの職業の中から自分に向いている職業を見つけるためにはいろいろな職業についてまず知ることが大切なのです。公認会計士という仕事は、普段あまり接することがない分、どんな職業なのかを知りにくいですが、しっかりとしることで、進路の選択肢に入れることができますよね。

自分にぴったりな職業に出会うためにもいろいろな職業についての知識を幅広くつけていきましょう。