倍率がとても厳しいとされている公認会計士になるのはとても難しいの?

会計に興味がある人は、公認会計士の仕事に向いているかもしれません。最近の若者は、自発的に簿記試験などを受ける人も多く、その資格を生かせる職業として、公認会計士や税理士を目指すことも増えているようですね。

日本経済の土台となる職業なので、やりがいを感じられることでしょう。でも、公認会計士として働きたいと思っても、簡単になれるわけではないので要注意です。

働くためには国家資格を取得しなければなりませんが、そのための国家試験がとても難しいのです。

いろんなデータを頭の中でイメージする女性 イラスト

公認会計士を目指すならできるだけ若いうちから準備をしましょう

公認会計士の国家試験を受ける人はほとんどが20代前半です。学生のうちから、試験対策をしっかりと行って、必要な知識を付けてきた人ばかりです。

また、大学や大学院は卒業していても、資格取得のために就職はせずに勉強をしてきたという人も結構多いみたいですね。それだけ準備を頑張って試験を受ける人でも、合格率は10パーセント以下なので、どれだけ狭き門かということがわかるでしょう。

同じ、企業のお金を扱う税理士は、社会人になってから時間をかけて知識を勉強しながら目指すという人もいるので、その点でも公認会計士の難しさがわかると思います。

公認会計士の資格取得は難しい!

公認会計士になりたいと思っても資格取得をするのはとても難しいということをまず知ることが大切です。そのうえで、勉強をがんばるという強い意志と覚悟をもって目指してくださいね。

長い戦いになるので、どこまで頑張るかという自分なりのゴールを決めておくことも大切です。絶対に資格を取得するという強い意志や覚悟は確かに力になりますが、あきらめが必要なこともあります。

見切りをつけるべきタイミングをしっかりと見極められるようにしましょう。

PAGE TOP