公認会計士 就職

公認会計士が今注目されていますので資格試験合格の為の準備はお早めに!

    

公認会計士になるのは、医者や弁護士になるのと同じくらい難しく、国家試験の合格率も10%以下ととても低くなっています。それでも、年々目指す人が増えているというのは、今、とても注目されている職業だからなのではないでしょうか。なぜ、公認会計士が今注目されているのか考えていきたいと思います。

■会計について学ぶ場が増えてきている
会計というのは、専門家しか知識を持っていない分野でした。でも、どんな企業にも存在する会計というものをある程度学んでおくことは、どんな職業に就いたとしても必ず役に立つことです。ですから、最近では小中学生向けに、会計セミナーを開いて会計の基礎を学べる場を作っているところもあるくらいなんですよ。

若いうちから会計について学ぶことで、会計に興味を持ち、生かせる仕事についてみたいという気持ちを持つ人も増えています。そして、会計士に興味を持った人が学べる場もちゃんと用意されています。大学や大学院で経営学を専攻するという方法はもちろん、それ以外にも会計専門のスクールなどもたくさん開設されているので、国家試験突破を目指すための学び場はたくさんあるのです。

公認会計士になるのはとても難しいので、試験突破を目指しても必ずしも資格取得ができないということもありますが、それでも大学や大学院、スクールで得た知識は無駄にはなりません。

■今注目の公認会計士、目指すなら早い方が有利!
公認会計士は、目指すなら早いうちから準備を始められた方が絶対に有利です。膨大な量の知識を必要とするので、国家試験を受けられる状態になるまでにも勉強時間を確保する必要がありますから、大学時代は試験勉強に充てるという人も少なくありません。

今注目の国家資格である公認会計士を進路の選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。