公認会計士 就職

会計の専門家である公認会計士のお仕事を紹介しますのでご覧になってみてください

    

公認会計士という職業の名前を聞いたことがある人はどれくらいいますか?名前はしっていても、どんなことをするのかわからないという人も多いと思います。名前の知名度で言えば、税理士の方が上ですよね。公認会計士は個人ではなく、企業を相手に働くことがほとんどなので、あまりなじみのない職業であるのは仕方のないことなのかもしれません。

どんな職業なのか紹介していきます。

■公認会計士ってどんな職業なの?
公認会計士というのは会計の専門家です。企業には会計が存在しますよね。どんなに小さな企業でもお金の動きは必ずあります。その動きの中で、不正がないか、正しく管理されているかどうかをチェックしたり、アドバイスをしたりするのが公認会計士の仕事です。

会計のチェックのことを監査といいます。企業は、定期的に行われる監査のために、不正をすることができません。いわば、監査は、日本経済の根本を支える柱になっているのです。公認会計士は、公平な判断をしなければいけないので、すべての人から独立していなければなりません。裁判所の裁判官のような存在といえるでしょう。

企業の監査をするために公認会計士は監査法人に就職をすることが多いのですが、最近は監査法人以外にも企業の経営コンサルタントとして働いたり、独立して会計事務所を立ち上げる人もいます。様々な分野で幅広く活躍できる職業なのです。

■公認会計士を目指すなら早いうちから準備をしましょう
公認会計士はとてもやりがいのある貴重な職業ですが、資格を取得するのはとても難しいといわれています。目指したいと思ったらできるだけ早いうちから準備を始めるのが良いでしょう。大学院や大学で経営についての知識をつけるだけでなく、専門のスクールなどに通う方法もありますよ。